ゴルフ会員権お取引 総武カントリークラブ  総武ccのゴルフ会員権お取引き。今後のゴルフ場について

昨日、総武カントリークラブご入会の為台東区にあるお客様の会社までお伺いしてきました。
内装仕上げの会社を数年前立ち上げ頑張っている様子。会社の雰囲気もセンス良く整理整頓されていました。

ゴルフ会員権お取引 総武カントリークラブ  総武ccのゴルフ会員権お取引き。今後のゴルフ場について
ゴルフ会員権お取引 総武カントリークラブ  総武ccのゴルフ会員権お取引き。今後のゴルフ場について
ゴルフ会員権お取引 総武カントリークラブ  総武ccのゴルフ会員権お取引き。今後のゴルフ場について

一生懸命仕事し自分にご褒美、いいですね。総武はハイクラスな割には名義書換料80万円が人気の理由だと思います。
名義書換料300万円とかのコースありますが時代遅れこのようなゴルフ場はこれから高齢化が進み退会者が増え需要が追いつかず暴落する可能性があると私は推測しております。ゴルフ場のオーナーの方これから高い名義書換料をかなり安くする事がいかに重要か真剣にお考え下さい。かずさカントリークラブもカナリヤガーデンも経営に嫌気をさし辞めました。
ゴルフ会員権の需要を活発にする為には名義書換料を大幅に下げる事が重要です。
ある36ホールのゴルフ場にこれから5年後70歳を向かえる会員が何人いるか調べて頂きました。それは何と450名になるとの計算になりました。購入需要が450件あれば今の相場を保たれますがそれは無理です。
ある上場企業の経営しているゴルフ場も調べましたこれから5年以内に20億円以上の預託金変換が迫っております。これは新規募集してももう間に合わない金額です。
ゴルフ場は既に病にかかっているのです。

ではこれからどの様なことになるか白井は予測します。高齢化で経営しても意味がないゴルフ場は資本金のある外資系に売るでしょう。しかし外資系はマネーゲームなのでわんさかゴルフ場に、ハーフ3時間 、ランチ1時間半、これでは会員になる意味がありません。
ではどの様ないゴルフ場が生き残るのか?
それは損益分岐点の少ないコースです。
アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアを含めオセアニア地区、発展国でキャディーはありません全てセルフでキャディー無し預託金なしです。これから日本のゴルフ場は変化について行けるクラブだけ生き残るでしょう。
激変の時代に入ります。^_^


総武ccのゴルフ会員権相場・ゴルフ場ガイドはこちら

http://www.chibagolf-kai.com/course/other/s/so-bu.html


ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会

http://www.chibagolf-kai.com

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です