ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 サイトマップ
会員権の千葉ゴルフ会
千葉ゴルフ会

ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 TOP >> ゴルフ会員権相場 or マップ検索 >> 四街道ゴルフ倶楽部 >> ゴルフ会員権NEWS

 
 
四街道ゴルフ倶楽部
ゴルフ場詳細へ  

new2018.4.6
詳細記事
追加

 四街道GC、4月2日に民事再生法申請。  

------------------------------------------------
四街道カントリー(株)、東京地裁に、負債29.3億円
償還請求対応が限界と、スポンサー型で再建目指す
------------------------------------------------

四街道ゴルフ倶楽部(18ホール、千葉県四街道市小名木268)を経営する四街道カントリー㈱(代表山崎昭久氏、本社=コース、資本金2000万円)は4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は中島広勝弁護士(星総合法律事務所、東京都中央区、tel:03-3563-3263)他3名で会員、債権者向けに問合せ専用電話をゴルフ場内(tel:043-308-9955)に開設した。監督委員には相澤光江弁護士(TMI総合法律事務所、東京都港区、te:03-6438-5511)が選任されている。
同社は昭和47年3月設立のゴルフ場経営会社で55年10月に四街道GCをオープン。9ホールのショートコースとしてスタートしその後拡張。18ホール、パー70、全長5816ヤードの距離の短めのゴルフ場であったが、東関東自動車道・四街道ICから4キロ、10分のアクセスの良さから地元中心に大衆コースとして親しまれていた。平成8年ごろには約7億円の年収入高があったが、業界環境の悪化から昨年4月期は約2億7000万円まで収入高が減少していた。また、会員の預託金は25億円以上の償還が満期となっており、預託金返還請求に関しては延期や返還の猶予などでしのいでいたが、ここにきて資金繰りが限界に達していたという。
負債額は債権者2760名に対し29億3047万円。うち会員退会済みで預託金返還待ちが270名近くに達していたという。
申請代理人によると、ゴルフ場の営業を続けながらスポンサー型で再建を目指す方針。FAやスポンサー選定に関しては再生手続開始決定後、許可を得て進めたい考えだ。会員向け説明会は4月9日に四街道文化センターにて開く予定となっている。

 
   
 
2018.3.7
 四街道GCの名義書換停止について。  
 

同倶楽部では、平成30年1月1日より会員権の名義書換を停止しています。
尚、名義書換停止期間は未定とのことです。

 
   
 
2010.2.23
 婦人制限解除。  
 

平成22年2月20日より四街道ゴルフクラブ理事会により今まで設けてきた婦人入会制限が解除された。

今までは婦人入会の場合、婦人会員権を譲受しなくてはならなかったが今後は男女制限がなくなった為女性にとっては入会しやすくなった。
今までは婦人会員権が希少でなかなか売り物がなく半年~1年程待った事もある。

この婦人会員権は男性会員権よりプレミアが付き割高であった。
これからの入会者にはありがたい話しだが今までプレミア付きで購入された会員にとっては相場価値が目減りした事になる。
また、今までは名義書換料60万円(外税)であったが今年7月より半額30万円(外税)に値下げした。

 
     


当サイトにて使用されている画像・文章等すべての掲載物の著作権は株式会社千葉ゴルフ会に帰属します。
無断での転載・使用等を禁じます。(C)株式会社千葉ゴルフ会